「海外に行って、何がしたいの?」

最近出会った学生さんから「私、海外で働きたいんですけど、英語もそこまでできるわけでもないですし、そもそもなんで海外に行きたいかも分からないんです・・・。」みたいな相談を受けまして、あぁーオレもそういう時期あったなぁと思ったので、その内容を記事にしてみました。

Melbourne, Australia. 水遊びを本気で楽しんだ夏のひと時。
Melbourne, Australia. 水遊びを本気で楽しんだ夏のひと時。

 

とにかく海外で働きたい!


 

私は17歳の頃からずっと「海外で暮らしたい」と思い続けていて、大学卒業後、就職活動に面した時も「20代はとにかく海外で働きたい!」と思っていました。

 

なんでかって、映画とか見ると、アメリカとかでは3か月のプロジェクトをがーーーっと頑張って、出張とかもこなして、しばらく休暇を取って、次の仕事(新しい場所)に就く!というのがすごく格好良く見えたからです。

 

「辞めても次の仕事がすぐにある」というのはきっと市場価値が無いとできないことなんだろうし、3か月のプロジェクトってことは、本当に生産性があることを凝縮してできるシステムがある!

 

楽しく仕事をしている!休暇もある!生産的なことをしている! 金も稼げる!

みたいな、そんなイメージだったんだと思います。

 

「じゃ、それができる環境だったら日本でもいいんじゃない?」

 

と訊かれると、答えはNO!!!やっぱりどうしても海外が良かったんですね。しかもアジア圏じゃないところがいい!ヨーロッパ、できればデンマークあたりがいい!みたいな。

 

理由はきっとこんなこと。

 

日本で見る、仕事人達↓

kif_5130-1

海浜幕張駅。大学四年でインターンシップを始めた時に、通勤の波にのまれました。

自分と日本の未来を真剣に案じてしまった一瞬です。

 

それに引き換え、海外で見る、仕事人達↓

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オーストラリア駐在時の同僚たち。マジで楽しく仕事に取り組みます。

 

日本 → → 辛い

海外 → → 格好いい

 

 

つまりは、日本で働くことへの絶望感みたいなものだったのかもしれません。

 

また、海外の人とつるむ時と、日本人とつるむ時の自分の態度も違います。

 

日本→(最初は少し)自分を抑えることで受け入れられる気がする

 

 

海外→(最初から)自分を出すことで受け入れられる気がする

 

自分を出しまくったオーストラリア1年目の誕生日。
自分を出しまくったオーストラリア1年目の誕生日。

 

それはきっと、自分が開放的になれるとか、そういうことだったのかもしれません。

 

でも、その理由って薄っぺらい?


 

そんなわけで、海外で働きたいと思っていたのですが、いざ「で、海外に行って何がしたいの??」と訊かれると返答に困る。

 

何がしたいんだろう。

 

特に就職活動していた時の面接では絶対に聞かれるよな、どうやって答えよう。と考えた時には苦しかった。

 

「何がしたいということがあるわけでもなく、とにかく海外に行きたいっていうのは、オレってばなんて薄っぺらい人間なんだろう」と。

 

でもとにかく海外で働きたい。

 

・・・このブログを読んでいる方も、似たような悩みを抱えている方がいるかもしれません。

 

そんな時の解決策はこれです。

 

海外に行きたい理由なんて薄っぺらくて上等!


 

Q:「なんで海外に行きたいの?何がしたいの?」

A:「私が海外に行きたいと思う理由は、海外という場が私の長所と性格が最大限に活かされるフィールドだからだと思うからです。」

 

海外進出している企業は、とにかく海外に物を売りたい。ぶっちゃけた話、売れればなんだっていいんです。

例えばあなたが消しゴムを販売する商人だったとしましょう。

 

日本の市場では(少子化だし)あまり売れなくなってきました。そうだ海外に売ろう!

 

で、あなたは誰か一人を雇いたいと思います。どんな人を雇いますか?

 

 

A君:高学歴で知性がすごく高く、TOEICは950点、ちょっと大人しい感じの人。志望動機は「御社の消しゴムを小さい時から使っておりまして・・・。」海外に行きたい理由は「高校生の時1ヵ月ホームステイした時いいなと思ったので!」。

(う~ん、消しゴム愛は一応あるのかな?でも売ってくれなさそうだな。っていうか、ホームステイした家族にやさしくされて、それが良かったってだけなんじゃね?)

 

B君:聞いたこともない大学卒でちょっとバカっぽいけど、エネルギーはすごくある。「消しゴムを海外に売る??任せてください!!!!!!」と自信満々。「だってオレ、ずっと海外放浪してましたし、放っておいても現地の人と仲良くなれますから!大道芸とかやって稼いでました。あ、英語ですか??普通にしゃべれますよ!TOEICは750ですけど。」志望動機は「とにかく海外で働きたいからっすよ!で、御社は海外進出してて、海外志向の人も採用してるって聞いたんで!え?海外行きたい理由?もう、オレを海外に放してくれれば、それはもう水を得た魚のように動きまわるのが目に見えて楽しいからですよ!消しゴムだろーが、保険商品だろーがなんだって売ってきますよ!」

 

(なるほど・・・、海外に行くと、その辺の日本人よりはよっぽど動き回りそうだな。消しゴム愛は別になさそうだけど、商品知識は後から教えればいいか。よし、こいつを投入してみるか!)

 

もうそれは、明らかにB君ですよね。

 

つまり、採用担当が知りたいのは「こいつは人間として魅力があるか?(海外に行っても、この人の人間性で人の信頼を勝ちうることができるか?」という【性格】と、「こいつは消しゴムを売ってくれそうかどうか?」という【潜在能力】を見せれば良いのです。

 

別に海外に行ってなにがしたいって、企業が求めてるような明確な答えなんて出るわけないんですよ。「急成長している市場の中で自分を試したい!」みたいな人は別ですよ。そういう人は別に「海外」に行きたいわけじゃなくて、「急成長している市場」ならどこでもいいわけですから。

 

というわけで。


 

1.まずは自分の心に素直になりましょう。

(自分の中で行きたい理由を、恥ずかしがらずに問いかけていく。実は街並みが好きとか、開放的とか、雰囲気が優雅とか、きっとそんなこと)

 

2.自分が行ったら役に立ちまっせ~、Win-winでっせ~という根拠を提示する

(海外に行った私はこんな風に、超精力的に活動してましたよ!と提示する)

 

というのが「海外行って何したいの?」という問いへの解決策かと思われます!

「なるほど!海外に行きたいって素直に思ってていいんだ~、じゃ行こっと♪」

と思った方には、ぜひ次の記事を読むことをお勧めします。

 

この今日の話と一見矛盾しますが、旅にはテーマを!というお話です。

 

今日は以上です!

 

P.S. 何かの助けになれば


 

この記事に興味を持った!

とか、「好きx海外」を軸にして生きるための情報が欲しい!

という方のために、こんなものを作ってみました。

 

メルマガ「ユージ・ヒデムラと愉快な仲間たち」とは?

 

メルマガを作ろうと思ったのは、こんな人達と会うことが多かったからです。

 

・海外に行って、日本に戻ってきたものの、キャリアデザインが分からない!
・海外との関りを持って働きたい
・なんなら海外で働きたい
・英語が使える仕事に就きたい
・かと言って英語はプロ級ではない
・日本で認められるキャリアも作りたい気がする
・「とりあえず日本の企業で・・・」と就職し、社会人2、3年目になって悩みが表出
・「日本でのキャリア」と矛盾するようだが、場所に縛られない自由な生き方をしたい
・特に時間的自由!せめて休暇がきっちり取れれば、海外に行くこともできる。
・さらにお金があれば最高だけど、それは欲張りすぎかもしれない・・・。
・自分は特殊な経験をしていると言われるし、その自覚もある
・人生、楽しんでこそなんぼ。野心は持ちたいし、何かをやらかしたい!欲張っちゃえ!
・でも知識も経験も足りないから、何をして良いか分からない
・見えない壁が「日本⇔海外」という、具体的な壁に阻まれているように感じる。
・こんな「特殊」な考え方や視点を持ってしまったばかりに、良い出会い(恋愛的な)もない。。。

なんでこんな人達と会うことが増えたかっていうと、きっとそれは、私自身が悩みに悩んで、もがきまくっていたからだと思います。

で、今はかなり満足しています。

なので、昔の私に対して見せる、雑記みたいなものを書こうかと思っています。

なんなら、ラジオ番組みたいに「質問」をぶつけてくれたら、それに対する「公開返答」もしたいと思います。

「昔の自分へ見せたい純粋な人助け精神」が一つの理由として、

実は、私があなたにこのメルマガに登録して欲しい理由はもう一つあります。

それは、同じように悩んでいる人達をみんな集めちゃえ!という想いがあるからです。
こんな感じで。

満員御礼!第四弾「好きx海外」を軸にして生きる交流会


かつての私は、周りに自分と同じような悩みを持った人を見つけるのにとても苦労しました。

 

私が夢を捨てずに頑張り続けることができたのは、私の(一般的にはクレイジーな)夢を「分かる!!!」と共感し、応援し続けてくれた仲間がいたからにほかなりません。
そんな感じで、楽しいコミュニティ作りをしたいな~と考えているので、興味があればぜひ登録を。
メルマガ「ユージ・ヒデムラと愉快な仲間たち」に申し込む

 

メルマガはどんな内容なの?


落ちこぼれの赤点生徒・ブラック企業で搾取される人生を送っていた私が・・・

・50ヵ国旅ができた
・5か国語が話せる
・タダで3,000人外国人を自宅に泊めた経験がある
・英会話が誰にでも話せるようになる方法を知っている
・大手メーカーでオーストラリア駐在を5年経験した
・自分の好きなことをして週20時間未満の労働時間で、年収2,000万達成した
・「好き」x「海外」を軸として生きる人支援をしている

・・・という事を言うと、
「どうやったの??」「その話、もっと聞きたい!」

・・・と興味を持ってよく聞かれることがあります。

ぶっちゃけ、私は本当に、本当に天才でも特別でもなく、、、

ただ単に「運が良かった」
・・・のだと思います。

本当に善い人々に出会うことができたからです。

ですが、そんな私でも、こんな生活を送れるようになるために積極的に意識してきたことがあります。

それは、
「自分がなりたい状態を達成できている人のマインドセットに触れる」

ということでした。

私の個人的な話なんて誰が興味あるんだよ、と思っていた時期もありましたが、

知りたい!と言う人が結構多いことが分ってきたので、少しでも何かのお役に立てればと思い、

等身大のメルマガを配信することにしました。

 

メルマガ「ユージ・ヒデムラと愉快な仲間たち」に申し込む

・・・書くのは私一人ですが、

私の人生において、人との関わりはどうしても無視できないので、

こんなタイトルにしてみました。

このメールマガジンでは、敢えてノウハウは書いていません。

なぜなら、人によって状況や環境や達成したいゴールは異なり、

それによって使うべき方法(ノウハウ)も変わるからです。

ですので、このメルマガでは純粋に

私が何を考え、行動してきて、どんな経験をして、その結果「今」何を考えていて、

これから何をしようとしているか

・・・ということをお伝えしていくことを目的としています。

 

メルマガでは、どんな事を伝えていくの?


私の哲学経験をただひたすら語って行きます。

例えば、

とにかく海外に行きたかった話

起業初年度の売上が3万2400円だった話

最近聞いてハッとしたキャリアの考え方

110万のコンサルを受ける時にした下準備の話

お金に振り回されなくなった話

カネは命よりも重いかどうか考察

多言語を話せる頭の中の話

私の恋愛観と恋愛史

非効率だけど面白そうなマーケティングの話

とか、そんなことを書きます。

 

もしノウハウが知りたいという方がいたら、直接お話した時に、その方に合うだろうなーというノウハウを紹介させてもらうのが良いかな?と思うので、

メールマガジンを受け取る中で、機会があればお気軽にご相談ください。

そんなわけで、もしご興味ありましたらぜひご登録ください。

イベント案内等もまとめてお送りしていきます!

メルマガ「ユージ・ヒデムラと愉快な仲間たち」に申し込む

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です