あなたが自分の誕生日パーティーを開催するべき8つの理由

いや~すごい雪ですね。

先月、私は35歳の誕生日を迎えたのですが、実は25歳の時から日本人的空気をぶち壊してきているんですよ。

cake

 

誕生日のサプライズ待ちもいいけど、自分で開催するのもアリだよ!


誕生日と言えば、友人が何か計画をしてくれて、一部屋の中で集まって冬なら鍋パ、夏ならたこ焼パーティーで3、4名で細々と・・・

 

とか、

 

彼女が「はい♡今日誕生日でしょ?」「おお!ありがとう!」

 

 

・・・的なヤツがいわゆる青春的な感じだと思うのですが(そうなのか?)、それよりもあなたの誕生日の価値を最大化する方法があるのです。

 

 

すなわち・・・、

 

ザ・自分で開催・誕生日パーティー☆

 

 

 

いや~ありえんわ。。自分で開催とか。。。と引いている方たちがもう目に浮かびますが、

 

 

すっげー気持ち分かります。

 

 

まず、パーティー☆の「☆」がキラキラを演出してる感じでうざいです。

キラキラ苦手だし。うさんくさいし。

そもそもどんだけエゴ出してんねん

 

 

っていうか

 

 

「ほらオレの誕生日祝いに来いよ」って、、、どんな神経してるんでしょうね?オレってば。

 

でも、よくよく考えると、やっぱり誕生パーティーは開催した方がいいと思うんですよ。

 

そもそもの誕生日の意味


誕生日、年を取るのが嫌だ~!っていうか祝う気になれんわ~!というような人を良く見かけます。

で、考えたんですが、その気持ちにはいくつか要因があって、

 

 

1.年を取るという現実を直視したくない

2.直視したところで嫌な気分になるだけ

3.ぶっちゃけ誕生日とかどうでもいい

4.別に嫌じゃないけど、「嫌だ~」というのが日本では筋なのでそう言っている

 

 

という感じじゃないかと思います。(もっと他の理由もあるかもしれませんが)

 

 

・・・もったいない!

一年に一度の誕生日が、実にもったいない!

 

 

私は誕生日には全く違う意味付けをしています。それは、

 

 

今まで34年間無事に生きてこれたー!ありがとー!世界のみんなありがとー!

 

 

ということです。

というわけで、誕生日を祝うというのは、

 

今までありがとうを人に伝えるすっげー良いチャンス

 

だと思うんです。

 

だから、これはあなたがやりたいとかそうじゃないとかではなく

いかにみんなにありがとうを伝える良いチャンスを有効活用するか?

 

という事だと思うんです。

 

とまぁ、これは大義名分サイドのお話なのですが、私は、みなさんがみなさん自信のためにも、「自分で開催・誕生日パーティー」をやって、友達をみんな招待してみる!ということを試しにやってみて欲しいんです。理由は以下の通り!

 

あなたが自分の誕生日パーティーを開催するべき8つの理由


1.純粋に楽しい

自分の友達や知り合い、場合によっては家族がみんな一堂に会するんです!この人とこの人がしゃべりあっている~!というのを見るだけでも嬉しい気分になります。(←嬉しさを感じる私は少数派かもしれませんが・・・)

25
25歳の、初めての自分で開催した誕生日。寒い中ほっつきあるきつつ、楽しい時間でした。

 

2.自分の友人が集まるので、新たなつながりが生まれるかもしれない!

自分を好きな人が来てくれるので、似たような価値観がある人が来てくれます。なので、つながるととっても良い感じになることも多々あります。

31
31歳の誕生日。モンゴルのゲルを立てた後、宝探しゲームをしました。ビバアウトドア!

 

3.ある程度の無理はみんな聞いてくれることもあるので、パーティーっぽさに拍車がかかるw

仮装パーティーなんかが良い例ですね。私は30歳の誕生日の時に「男はみんなマフィア、女はみんな娼婦の格好をせいっ!」という指令を出して、みんな大喜びだったという経験があります。

30
30歳の誕生日。私はマフィアというよりチンピラですな。。。

 

4.自分もパーティーに呼ばれる確率が増える

・・・のかどうかは、実験してないので分かりませんが、多分そうじゃないでしょうか?^^;

29
29歳の誕生日。オーストラリアでは、自分で誕生日を主催するのが普通です。

 

5.晩婚化の緩和に少しだけ貢献できる

昔は「お見合いばばあ」なるものが存在したようです。「ほらぁこの人いいわよ」的な。今は残念ながらそういう人をあまり見かけなくなったとのお話もちらほら聞いています。

私の知り合い(独身)にはとってもオススメできる誠実イケメン男子が数名と、才色兼備な女性の友人が10数名いますが(なぜか女性が余っている気がするのはどーしてでしょう?)、彼らはなんと忙しいので独身!みんな「出会いがない」と口を揃えて言っている始末。

そんな中、もしあなたが誕生日パーティーを開けば、彼らにも出会いがあるのですっ!結婚式二次会と違って、無駄なイベントとか祝わなきゃとかもなく、純粋に楽しい時間を提供しちゃいましょう~。

 

6.経験値が上がる

あなたが口下手だろうがなんだろうが関係ありません。あなたはただおぜん立てをするだけ。「健全すぎる合コン」と思っていればいいです。しかも合コンって言っても男女の出会いではなくて人の出会いが目的みたいな!

そして、最悪誰も来なくってもいいんです!そういう時は「あぁー自分って人望ないんだな」って落ち込みつつも、心の中で支えてきてくれた多くの人々に感謝しつつ、一人で祝いましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
33歳の誕生日。砂漠で一人で自分の誕生日を祝うゆーじの図

とは言っても、みんなが程度盛り上がるためには、ある程度の「仕掛け」が必要だったりします。それをうまく回すためには、やはり知識と経験が必要。でもこれ、やって損はないですよ。仕事力だって人間力だって上がります。

 

7.死ぬまでにみんなに「ありがとう」と言える機会は、実は少ない

そうなんです。人生の節目なんて、そうそう来ないんですよ。自分で積極的に機会を作らないと、「ありがとう」なんてなかなか恥ずかしくて言えないです。っていうか、ありがとうを言う回数は多いに越したことはありません。ぜひ!

26
26歳の誕生日。そういえば、この友人にはしばらく会ってないな・・・。

 

8.承認欲求が満たせる!

えぇ!承認欲求を満たすのは悪いことではないと私は思っています。まぁ、そもそも全ての「欲」を捨て去るのが美しいという考え方もありますが・・・。その境地に立っていない私は、やっぱり嬉しいんですよ、人から認めてもらえると。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
32歳の誕生日。靭帯損傷してたから、今年の誕生日はやめとこ。と思ったけど、当日心変わりしたら来てくれたという・・・しかも松葉づえケーキまで作ってくれた。本当ありがたい。

 

誕生日パーティーを開催する方法


分かったけど、そんなのやったことないし!という方のために、「これに従ってやれば誰でもできる」マニュアルをご用意いたしましたよ。

 

これであなたも誕生日主催側に!

 

 

1.みんなが集まれそうな場所で、30名くらい入りそうなレストランを探す

2.店主と話して、貸し切りできるか聞いてみる。(中華やインドやタイだと安いことが多い。インドレストランはパーティー慣れしてるのでOKなところが多い)

3.店主と日時、一人当たりの値段(飲み会一回分が目安)を決定。

4.みんなに告知。日時・場所・値段。もしあるなら、パーティーのテーマ等。

5.3日前に店主に最終人数を報告。あとは待つだけ!

6.値段は、回収して差額は自分で払いましょう~。中には払い忘れる人もいるのですが、これはビジネスではなく「ありがとう」なので。自分が全員分ご馳走してもいいくらいです!

 

誕生日の開催方法をもっと詳しく知りたい人は、私に連絡ください。笑

 

 

というわけで、ぜひ、みなさんも、この機会に誕生パーティーでもぱーっと開いて友人知人の方に「ありがとう!」を伝えてみてください!

 

group-shot600

今こうやって写真はり付けてましたけど、いやーやっぱ自分、人とのめぐり逢いだけは本当に運がいいと思います。みんなありがとう。

そんなわけで、みなさん是非誕生日パーティー開いてみてくださいね~。

 

 

P.S. 何かの助けになれば


「好きな事を仕事にするには、どうすれば良いですか?」

という質問を良く受けるのですが、

 

色々話を聞くと「自分が好きなことが何なのか」というのが分かっていないというケースがすごく多いように思います。

 

あるいはあったとしても「そんなの職業にできない」と思い込んでいるとか。

 

大事な要素の一つは、先輩の話を聞くこと。

 

私もそうだったのですが、やっぱり諸先輩から話を聞くのが一番。私は、今もそういう人を捜し求めて歩き続けていますが、本当に人に恵まれていると思います。

 

そんなわけで、そういう人の話を聞ける、そんなサービスを作れないだろうか???と思ったので、リリースしてみることにしました。無料です。

 

「海外」x「好きな事」を軸にして生きる先輩訪問

 

P.P.S.

 

これはメモ程度ですが、意外と参考にしてもらっていることが多いみたいです。

 

大事な要素そのニ。それは、好きなことの中にある要素を見つけ出し、その要素を再構築したライフスタイルを作るということなのだと思います。

 

 

 

 

私は、強みを訊かれたときに「海外」であったり「経験」であったりを答えたりすることが多いのですが・・・、一番の強みは「幸せに生きるルートを見つける」ということだと思っています。これに関してはプロ中のプロかと。

 

 

自分がなぜそのような事ができるようになったのか。それは、「自己分析を定期的にする習慣があった」ということと、「色々動いて経験を積んだ」ということなんだと思います。

 

で、この分析能力が結構他の人の役に立つこともあり。

 

私の知見が誰かの役に立つなら、と思って、その方法一応誰にでも使えるようにしてリリースすることにいたしました。

 

 

このエクセルファイルは、5つのセッションと12個のワークで構成されており、ワークをやっていくにつれて自分が何に価値を感じているかが分かる・・・というプロセスの一助をするものです。

 

題して、

自分に合った企業を見つけるための自己分析ファイル。

やって損するものではないと思うので、是非やってみてください。

 

ただ、一つだけお願いがあって、、、

 

これを私がやっているのは

 

「好きな事で生きることが、本当にできてます!」

 

という声を聞きたいから、というものです。

 

 

で、それがオープンになってたら、他の人を勇気づけることができると思います。

 

なので、

 

使ってみた人はこちらに「使って良かった!」とか「めっちゃ参考になってます!」とか「今、本当に好きなことで生活できてます!!」感想等載せてもらえると個人的にめっちゃ嬉しいです。

 

↓↓↓こちらからダウンロード(エクセルファイルです)↓↓↓

ゆーじぃさんの進路相談室-自分に合った企業を見つけるための自己分析.xlsx (133 ダウンロード)

 

でも、やっぱり一番おススメなのは人の話を聞くことではないかと思います!

 

ですので、先輩の話を聞いてみてください!

 

まだ、「先輩」は2人しか集まっていませんが(私を含めてw)、私の先輩方にもお願いをしている最中なので、増えていく予定です。笑

 

この世の中、動いてみたもん勝ちだと思うので、やってみてくださいね~。

タダですし。

 

↓ ↓ ↓

 

「海外」x「好きな事」を軸にして生きる先輩訪問

それでは!今後も人の善意と運だけで生きているような秀村祐二に清き一票をお願いいたします。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です